SIG-AI人工知能のための哲学塾

ゲーム*人工知能*哲学

主催 : NPO法人IGDA日本

グループの説明

近年、人工知能はテクノロジーとして、ますます社会において存在感を増しつつあります。人工知能は、純粋なテクノロジーとして捉えることも可能ですが、人間の存在、社会の存在と密接に関係を持ち、人工知能が引き起こす人間的問題、社会的問題も存在感を増しつつあります。その一方で、人工知能は人間の知能を探究するサイエンスとしての側面、さらに、人間とは何かを問うテーゼを伴う哲学的側面があります。

本シリーズは、人工知能を捉えるもう一つの側面、「哲学的側面」から、人工知能を新しく捉えなおすことで、これまで見失われていた側面に新しく光を当て、全面的に技術とは違う立場から捉えなおす試みです。また数学、プログラミングといった知識を前提とすることなく、文系的な志向から人工知能を捉える試みでもあり、これまでテクノロジーとしての人工知能を敬遠されて来た方にも、新しいアプローチを与えるものであります。さらにこれまで人工知能に親しんできたエンジニア、研究者にとっても、全く違う文脈から、この分野への導入を与える試みでもあります。

またこのような哲学的な人工知能は、ずい所で、「デジタルゲームにおける人工知能」と交錯するフィールドでもあり、最新の事例などを交えて、「ゲーム、哲学、人工知能」の三者がクロスオーバーする様子を全6回にわけて解説いたします。

第0夜 「哲学から人工知能とゲームを捉える」(2015年5月18日)

第一夜 「フッサールの現象学」(2015年9月30日)

第二夜 「ユクスキュルと環世界」(2015年12月3日)

第三夜 「デカルトと機械論」 (2016年2月1日)

第四夜 「デリダ、差延、感覚」(2016年3月7日)

第五夜 「メルロ=ポンティと知覚論」(2016年5月25日)

過去資料一覧

第零夜レポート記事 ビデオ

第壱夜レポート記事 ビデオ

第弐夜レポート記事 ビデオ

第参夜レポート記事 ビデオ

第四夜レポート記事  ビデオ

第五夜レポート記事  ビデオ

終了したイベント 全てのイベントを見る(2件)

終了 2016/04/25(月) 19:25〜

メルロ=ポンティと知覚論

igdajp igdajp

東京都渋谷区代々木2丁目2-1(小田急サザンタワー8階)

37/40

終了 2016/03/07(月) 19:30〜

デリダ・差延・感覚

igdajp igdajp

東京都渋谷区代々木2丁目2-1(小田急サザンタワー8階)

29/40

メンバー 86人)

管理者

  • igdajp

他のメンバー

  • mottainai_movie
  • curry_sukisuki
  • tocoma
  • shade-tree
  • ee69046
  • yamasho00
  • butchi_y
  • kamadango
  • kento
  • kado
  • takeshiZouchi
  • tkntkn
  • theodoorjp
  • MireiTakahashi
  • Teramoto_yoshinori
  • TotaEnomoto
  • MotoakiNakamura
  • KeiichirouYoshida
  • reosa_
  • asai_s
  • DohjinMiyamoto
  • Dinoc
  • h_ishiyama
  • sunouchi

資料(0件)

    グループに紐付いているイベントページで資料が投稿されると、最近10件まで表示されます。